令和5年度広島県公立高校入試について

今年も受験の季節がやってきました。

このページでは、広島県の公立高校の入試について次の情報をまとめる予定です。

  • 日程、時間割
  • 志願状況、倍率
  • その他気になったこと

※なお、このページで呉市内の主要な公立高校の入試情報についてまとめています。

1.日程、時間割

広島県の公立高校は令和5年度より、従来の「選抜1」や「選抜2」を廃して「一次選抜」「二次選抜」となりました。

しかしながら、「二次選抜」はあくまで定員に満たない場合に予備的に実施されるので、実質的には「一次選抜」の1回のみの挑戦となります。

「一次選抜」と、過去の「選抜2」との違いは、以下の通りです。

  • 2日ではなく、1日で5教科の試験が実施される(1教科50分)。
  • 2日目には、「自己表現」が実施される。

「一次選抜」の具体的な時間割は、下記のとおりです。

※実際に受験する方は、各学校の案内を必ずご覧ください。

・令和5年2月27日(月)

(午前)

1時間目 国語

2時間目 社会

3時間目 数学

(昼休憩)

(午後)

4時間目 自己表現カードの記入

5時間目 理科

6時間目 英語

・令和5年2月28日(火)

自己表現(すべての学校)及び学校独自検査(実施する学校のみ)

・令和5年3月1日(水)

(予備日)

・合格発表:令和5年3月9日(木)

※参照元:令和5年度広島県公立高等学校入学者選抜(広島県教育委員会ホームページ)