自分の答案を音読してみよう

参考書を読んだり、授業を聞いてインプット。

そして、問題演習などをしてアウトプット。

 

このような形で学習するのが一般的ですが、自分の書いた答案はちゃんとした「日本語」になっているでしょうか。

国語の学習だけではなくて、数学や英語でもきちんとした日本語を書くことはとても重要です。

数学

例えば、数学の答案でよくあるのが、「数式だけ」になっている状態です。

高校1年生でいえば、「判別式をDとする」ということわりなしに、Dの計算をしている、などです。

最後の答え(数値)があっていたとしても、途中の過程で手を抜いていたら、満点になるとは限りません。

数学こそ、厳密で論理的な日本語を書くスキルが求められているといえるのです。

英語

また、英語でも同様に「日本語」がいい加減になりがちな科目です。

特に、自分の書いた和訳が「日本語になっていない」なんてことはないでしょうか。

主語と述語が対応しておらず、単語の意味を適当につないだだけでは、逐語訳とは言えません。

 

SVOCの文構造と矛盾しないように、日本語の語順に直して違和感のない文にするのは、実はなかなか困難です。

英語も、実は日本語に対するしっかりとした理解が求められる科目なのです。

日本語の検証方法

もっとも簡単な答案の検証方法は音読をしてみることです。

音読をして、自分の言っていることの意味が分かるか、伝わっているかを実験してみるのです。

それで、自分でも不自然(あるいは意味不明)な日本語であるなら、採点する人にはさらに不自然(意味不明)になっているはずです。

 

また、主語や述語、目的語など、日本語の分析をしてみるのも有効です。

それで、主語と述語が対応していなかったり、そもそも主語にあたるものが実はなかったり、といったことを発見することができます。

総括

日本語話者は、日本語でこそもっとも深く思考することができます。

ですから、日本語力を鍛えておくことで、ほかの科目にも応用することができるのです。

 

とはいえ、日本語力を伸ばせるのは国語の授業だけではありません。

むしろ、ほかの科目で学んでいる最中にも、日本語の運用について考えることが大切なのです。