現代文の定期テスト

※このページは結構「人気」があるようなので、近日現代文の教科書頻出の文章について、加筆修正する予定です。

 

現代文のテスト対策は、ほかの教科と比較して「しづらい」とか「しない」という人が多いようです。

しかし、それは非常にもったいないことだと思います。

 

模擬試験と異なり、実際に使用している教科書から出題されることから、対策方法はいくらか考えられます。

例えば、本文中で意味段落の終わりにあるまとめの一文に線を引いて「どういうことか」と問う問題を作って自分で解いてみたり、あるいは本文の最後の部分にやはり線を引いて「全体の内容を踏まえて説明する」問題を作ってみたり、などです。

このように、出題者目線で考えることで、テストに対してほかの人と比べても上質な対策をすることができます。

 

ただ、慣れない人からすれば「どこに線を引けばいいのかわからない」という人もいらっしゃるでしょう。

そういう場合には、私が代わりに出題しますし、添削もしますので、こういう場合は塾や家庭教師が役に立つと思います。

 

以下に、例を示しておきますので、ご参考ください。