中学受験に関する一般論

はじめに

中学受験をする、あるいは検討する人が近年増えています。

私が小学生だったころには、中学受験というと一部の限られた人がするイメージでしたが、最近は幅広い方が検討する選択肢の一つとなっています。

しかし、とりわけ身近に中学受験を経験された方がいないご家庭にとっては、中学受験は「わからないことだらけ」であるとも思います。

 

したがって、私が知る限りで中学受験において、前提として知っておいたほうが良いことをお伝えします。

呉市の公立高校受験

よく言われることとして「中学受験をすれば、高校受験しなくてもよくなる」ということがあります。

確かに、私立(国立)中学校には併設校として高校があることが多く、ほとんどの場合、中学受験→併設高校進学というルートをたどります。

これは、一見するとメリットのように見えます。

 

なぜなら、高校受験をする時期というのは、思春期という多感な時期とも重なり、うまく勉強できずに不本意な結果になるという可能性もあるからです。

その一方で、中学受験の場合、よく「親子の受験」といわれるように、親の影響力がまだ強い時期に受験勉強をすることができます。

 

但し、呉市(広島県)の場合には、もう1つ加味する必要があります。

それは、高校受験の難易度が総じて高くないことです。

 

例えば、呉でいう「3校(三津田、広、宮原)」は、宮原が若干人気があり1.00を少し超える倍率になることもありますが、それでもほぼ「全入」状態です。

三津田は、難関大学や広島大学などに合格実績を持つ呉市トップレベルの高校といえますが、倍率は高くなく、1.00を下回る年度も多くありました。

※この点が、「不合格になるリスク」を抱えて高校受験をしなくてはならない、広島市(いわゆる 6校)との違いでしょう。

 

もちろん、高校は入ってからが「本番(大変)」なのですが、少なくとも入口の部分でのハードルが低いところが呉市の特徴でしょう。

私立中学→高校ルートのリスク

ほとんどの人は、私立(国立)中学に合格すると併設高校に進学します。

これが、メリットになりうると先ほど書いたのですが、実はすべての人がそのルートに乗れるとは限らないのです。

 

というのは、中学校での成績があまりにも悪い(最下位付近)であると、併設高校への進学ができないことがあるのです。

もちろんかなり配慮はしてくれるでしょうし、そうならないような支援もあるでしょうが、「中学受験突破=高校はフリーパス」と思わないことが重要です。

 

むしろ、こうした受験を突破してはいるような中学校は、受験が終わって中学校での勉強が始まってからの方が重要です。

というのは、こうした学校は高校受験を意識することなく、授業の進度が決まっていくからです。

 

数学の場合とりわけ顕著になると思うのですが、進み具合が公立中学の比ではなく、気が付いたら公立中学でいう「1年分(またはそれ以上)」の差がついていることも珍しくないほどです。

※当然使用する教材も公立中学とは異なり、ハイレベルな問題を含んだものになっていることが多いです。

個別塾や家庭教師をつけて補っても、学校の方がどんどん進んでいくので、追いつけないといった事態に陥るリスクがあるのです。

 

したがって、「ギリギリ合格」というのは、実はあまりよくないといえます。

大学受験ならまだしも、中学受験であればある程度余裕をもって合格できる学力は身につけておかなければ、受かった後も学年下位からの脱出という問題が残ります。

極端な話をすれば、せっかく受かった中学校をやめて公立中学校に行くことになる、という場合もあるでしょう。

 

したがって、中学受験でどの学校に行きたいかということは、よく検討する必要があります。

中学受験のメリット

ここまで、中学受験の負の側面を中心に書いていますが、もちろん頑張るからにはメリットも大きいのが中学受験です。

中学受験のメリットは、次の3点が指摘できると思います。

第1 実力が付く

1つは、本人の学力や困難に立ち向かう力の向上です。

中学受験という非常に大きな壁を経験できるのは、中学受験の最大のメリットかもしれません。

少なくない頻度で塾に通い、テストを受け、順位がわかり、そして受験で白黒つくというのは、ある意味過酷とさえ言えます。

 

しかしながら、この壁を早いうちに経験しておけば、将来において大きな財産になるのではないでしょうか。

とりわけ、一生懸命目標に向かって努力できたならば、結果がどのようなものであっても、自信が付くはずです。

この自信は、将来同じような困難に直面した時に「あの時頑張れたから、今回も頑張れる」という形で現れるでしょう。

第2 大学受験に向けて

こうした、本人の問題に加えて無視できないのが、2つ目の大学受験に向けての環境です。

周囲のライバルに刺激されて、受験勉強を頑張るという主観的なものに加えて、私立中学校の場合は「指定校推薦」という枠が充実していることが多いです。

「指定校推薦」とは、推薦入試の一つで、学校の成績が一定以上などの条件を満たした人が選択できる制度です。

学校ごとに、○○大学の○○学部○○学科は□人という枠が割り振られており(その枠は毎年変動するようですが)、その枠に内定すれば、本番は面接や小論文だけで、ほぼ合格することができます。

※もちろん、「絶対」ではないようですが、一般推薦と比較して、合格率は際立って高いです。

 

今後、私大は共通テストや個別の入試問題を解いて入学するという従来の入試形態の割合よりも、こうした指定校推薦を含む、推薦型の入試が増えることが予測されます。

したがって、指定校推薦の枠で中学受験をする学校を決める、という考え方も十分にあると思います。

 

しかし、繰り返しになりますが、指定校推薦の枠は、成績順での応募となります。

成績が一定水準以下であると、基準を満たすことがそもそもできないこともあります。

したがって、指定校推薦を目指すのであれば、高校1年生から3年生までトータルで成績を良好に(できれば5/5、最低でも4/5)保つ必要があります。

 

第3 一味かわった学習環境

最後に、3つ目のメリットですが、公立中学とは異なる環境で学べるということがあります。

各中学校、とりわけ私立中学校は、聖書を読んだり、日本文化(茶道や華道など)を学んだり、人間道徳について学んだり、といった特殊な授業を提供しています。

また、国語や数学、英語といった科目でも独特の指導を受けられることもあるでしょう。

 

さらに重要なことは、その授業を受けるメンバーです。

公立中学の場合、各人の実力はバラバラですが、中学受験をするとレベル帯が似てきますので、授業をする側としてもやりやすいと思います。

また、中学受験という修羅場を乗り越えた人たちである分、公立中学にありがちな「クラスが荒れる」ということも少ないのではないでしょうか。

中学受験勉強の一番よくある形

中学受験勉強は人それぞれで、ウェブ上でも様々な情報が飽和していますが、それでも一番オーソドックスな形態というものはあります。

まずは、一番よくある「型」について知っておくことで、そのバリエーションについての記事を見ても隠された意味が分かるのではないでしょうか。

 

まず、結論から言いますと「中学受験勉強は、3年生の冬に始まる」ということです。

多くの中学受験教材は、4年生向けのものから本格化しますが、この4年生向け教材は実は3年生の冬から取り組むように設計されているのです。

※それは、中学受験本番は1月に行われることがほとんどだからです。

 

したがって、これよりも早く始めると「他の人より早い」といえ、逆に4年生の春や夏以降に始めると「他の人より遅い」ということになり、6年生になってから始めようとすると「頑張らないとね」といわれるわけです。

中学受験塾によっては、あまりにぎりぎりの時期に入塾しようとすると入塾を断られたり、4年生や5年生の時期であっても、入ろうとする場合は入塾試験を突破する必要があったりということがあります。

 

そして、中学受験塾は実力テストが定期的に開催されるのが通常です。

それによって、順位がわかり、順位の状況で「いま、(このままいけば)○○中学校合格のレベルにいる」という事がわかるわけです。

そのテスト対策をするために、個別指導塾や家庭教師が利用されることがあります。

 

もちろん、うちのような個別塾(家庭教師)だけでも、中学受験のための勉強をすることは可能ではありますが、結局コマ数としては同じくらい(またはそれ以上)のものが必要になるでしょう。

教材もご準備することはできるのですが、広島県に特化した教材というものはこちらにはないため、見劣りする点もあります。

 

結論としましては、「中学受験塾にできれば3年生の2学期(冬)までには入り、それの補助として個別塾や家庭教師を用いる」というのが一番スタンダードだと思います。

中学受験に関する折衷案

以上が、私の提供できる中学受験やその勉強についての考えということになります。

中学受験ですが、個人的にはそれができる(耐えられる)人は、どんどんやればいいと思いますし、そのための支援も続けていこうと思っています。

 

しかし、誰もが中学受験をしなくてはならないというわけではないと思います。

とりわけ、呉の場合には、ほとんどの場合中学校通学のために電車通学となるでしょう。

場合によっては、寮で暮らすという事もあるかもしれません。

 

また、公立中学校もよい点はたくさんあります。

足りない点があれば、私のところのような個別塾や集団塾に通って補い、高校受験で頑張ればよいだけです。

 

したがって、「中学受験をするまでには至らないけれども、学校プラスアルファのことはしたい」というニーズも十分ありだと思います。

実際、「小学問題集コア(国語、算数、英語、理科、社会)」をはじめとして、そういったレベル帯のお客様向けの教材もこちらで準備することはできます。

中学校に入ってからも、本人のレベルに応じてプラスアルファなことができる教材は多くあり、個別のご相談に応じています。

総括

中学受験は、高校受験や大学受験以上に「変わった受験」です。

本人の意志だけでなく、ご家庭全体が一丸となる必要があるからです。

 

したがって、一度始めると後戻りできない点もあるため、このように基礎知識だけでもと思い、記事を書いたというわけです。