二月の勝者、読解問題

二月の勝者、10巻まで読みました。

なかなか、深い内容で面白いですが、同時に「重たい」(内容1つ1つが)なので、元気な時に読み進めています。

また、最近は登場人物の受ける中学の過去問(今のところ桜蔭だけですが)を購入して、解いて(解こうとして)、圧倒されるという体験もしております。

 

さて、『二月の勝者』ですが、10巻までの内容で読解・記述問題のようなものを作ってみました。

興味のある人は、やってみてください。

私も手前味噌ですが、やってみます。

問題編(教師編)

文字数は不問ですが、最低でもそれぞれの問題につき、200文字(原稿用紙半分)くらいは、ほしいと思っています。

問1 登場人物の多面性

灰谷先生の心の闇について、黒木先生との関係を踏まえて、具体的に述べなさい。

問2 共感と理由説明

9巻のいわゆる「島津家の騒動」について、あなたならだれの行動・考え方を支持するか。または支持しないか。

それぞれ1名ずつ挙げたうえで、理由も付しなさい。※必ずしも、教師陣に限定しない。

問3 登場人物の変化・成長

黒木先生が佐倉先生に対し徐々に信頼し、心を開いていったのは何故か。

次の段階をすべて含めて、具体的に記述しなさい。

あ)佐倉先生がまだ「新人」として見られていた段階

い)佐倉先生が徐々に黒木先生の信頼を勝ち取っていく段階

う)佐倉先生が十分に自立した「先生」として認められた段階

問題編(生徒編)

問1 登場人物の変化

島津くんの家庭や勉強に対する姿勢は、どのように変化したか。

変化の前と後、変化のきっかけに触れながら、具体的に記述しなさい。

問2 複数登場人物の関係、友情

いわゆる「ジュリまる(ジュリ、まるみ)」の関係が、両人にとってプラスに働いているのは、なぜか。

具体的な行動、出来事に触れながら、あなたの考えを書きなさい。

総合問題

中学受験には、肯定派と否定派がいる。

この事実を踏まえて、あなたの中学受験に対する賛否を理由を付して書きなさい。

但し、次の内容をかならず含めること。

あ)中学受験肯定派の意見を補強する、生徒を1人(以上)挙げ、なぜその生徒が肯定派の意見を支えるのか、を書くこと。

い)中学受験否定派の意見を補強する、生徒を1人(以上)挙げ、なぜその生徒が否定派の意見を支えるのか、を書くこと。

う)あなたがもしも、条件付き肯定(否定)の立場を取るのであれば、その条件を『二月の勝者』作品中の人物、出来事、行動などを引用しながら、具体的に書くこと。